(ブルームバーグ): オルタナティブ資産の取得に重点を置く米ゴールドマン・サックス・グループのピーターシル部門は、複数の企業の持ち分を保有する新たな投資ビークルを上場する計画だ。これら企業が管理する資産は1870億ドル(約20兆5400億円)相当に上る。

  ロンドン証券取引所への6日の届け出によると、ピーターシルは19のプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社と他のオルタナティブ資産投資会社の少数株式をポートフォリオとして束ね、その後新規株式公開(IPO)を実施する計画。届け出によれば、新たな投資ビークルは約7億5000万ドル相当の新株を発行するほか、既存の株式も売り出す。

  新たなビークルの名称はピーターシル・パートナーズ。事情に詳しい複数の関係者がブルームバーグ・ニュースに語ったところでは、ピーターシル・パートナーズの企業価値は50億ドルを上回る可能性がある。

©2021 Bloomberg L.P.