(ブルームバーグ): 東京都は8日、1834人(前週の同じ曜日は3168人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

  発表によると、感染者の直近7日間移動平均は2040.6人(前日は2231.1人)で、前週比60.6%(同63.4%)となった。7日時点の重症者用の確保病床492床に対し、重症者数は252人(同260人)だった。

  

  NHKによると、政府は12日を期限とする緊急事態宣言について、首都圏などの都市部中心に延長する方向で調整しており、9日にも専門家に諮る見通し。

  新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は会見で、宣言解除の考え方について、分科会では「今まで以上に医療ひっ迫の状況を重視する」ことで一致したと説明。コロナ感染症医療への負荷と一般医療への負荷という、2つの側面から考える必要があると語った。

 

©2021 Bloomberg L.P.