(ブルームバーグ): 9日の香港株式市場で、テクノロジー銘柄を中心に中国本土関連株が下落した。中国規制当局がゲーム各社に対し、利益一辺倒の事業運営にならないよう警告したことが嫌気されている。政策リスクに脆弱(ぜいじゃく)な状態が続いていることがあらためて示された。

  ハンセンテック指数は4.5%安と、6週間ぶりの大幅な下げ。テンセント・ホールディングス(騰訊)は8.5%安で、過去1カ月で最悪だった日のほぼ2倍の下落を記録した。中国が新たなオンラインゲームの承認を一時凍結する見通しだと報じられ、ネットイース(網易)も11%安と急落した。

中国、新たなオンラインゲームの承認を一時停止へ−SCMP

   米株式市場では9日の取引開始前の時間外で、ネットイースに加え、ビリビリ(嗶哩嗶哩)やアリババグループ、拼多多(ピンドゥオドゥオ)、百度(バイドゥ)も下げている。

中国、ゲーム業界の監督強化へ−テンセントなどを呼び出し伝える

  中国当局はテンセントやネットイースなどの経営幹部を呼び出し、利益偏重からの脱却を求め、ゲーム促進に対する監督を強化する必要性も指摘した。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、マシュー・カンターマン氏は、「不確実性がかなり残る中で底入れと判断しようとしている向きにとってリスクが浮き彫りになった」と指摘。「今回のニュースはわれわれが既に知る範囲から大きく逸脱するとは思わないが、市場の反応は規制面のニュースを巡る投資家の不安を明確に示している」と述べた。

©2021 Bloomberg L.P.