(ブルームバーグ):  東京都は11日、1273人(前週の同じ曜日は2362人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

  発表によると、感染者の直近7日間移動平均は1496.3人(前日は1651.9人)で、前週比54.9%(同57%)となった。10日時点の重症者用の確保病床503床に対し、重症者数は233人(同243人)だった。重症者は、7日から5日連続で前日を下回った。

  政府は9日、東京など19都道府県の緊急事態宣言を30日まで延長した。NHKによると、延長を前に全国知事会は11日、オンラインで会合を開き、国への緊急提言をまとめた。

  提言では、さらなる感染防止策を講じる必要を指摘するとともに、出口戦略の検討に当たり、自治体との協議の場を設けるよう求めたという。また、行動制限の緩和については、国民に誤解を与えないよう発表時期にも留意した上で周知を図るよう要請した。

©2021 Bloomberg L.P.