(ブルームバーグ): 東京株式相場は4営業日ぶりに反落。8月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米長期金利が低下したのを背景に、銀行などの金融株が売られた。前日の相場で主要の株価指数が年初来高値を更新したことや米株安となったことも上値追いを慎重にさせた。非鉄金属や化学などの素材株や自動車、陸運なども売られ、幅広い業種が値下がりした。東証1部の値下がり銘柄数は全体の約82%を占めた。

市場関係者の見方

SMBC信託銀行の山口真弘シニアマーケットアナリスト

米CPIの結果も含めて、物価上昇が一時的という米金融当局の見解が確認され始めている状況下で、過度な景気回復の減速が短期的に意識された。株価上昇が続いたことによるスピード調整の面も大きいただ、ここまで株高を支えてきた次期政権の経済対策への期待と新型コロナウイルスの感染者数の減少というファンダメンタル面は変わっていないため、出遅れていた日本株の高値圏での底堅い値動きは今後も続くだろう

東証33業種

背景

米消費者物価指数、7カ月ぶりの低い伸び−インフレ圧力一部緩和【米国市況】国債急伸、株安−CPI受け緩和縮小先送りとの見方ドル・円相場は1ドル=109円台半ば、前日の日本株終値時点は110円08銭

©2021 Bloomberg L.P.