(ブルームバーグ): イエレン米財務長官はここ数日、米大手金融機関のトップらに電話をかけ、債務上限の引き上げもしくは凍結を支持するよう共和党に圧力をかける取り組みで協力を要請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  イエレン氏が連絡を取ったのは、JPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の各最高経営責任者(CEO)と、ゴールドマン・サックス・グループの幹部1人。関係者は非公開情報であることを理由に匿名を条件に語った。

  同関係者によると、イエレン氏は債務上限問題について公に発言するよう米銀大手トップに求めたという。

イエレン氏、債務上限巡り議会にあらためて要請−「大惨事」回避を

  財務省の報道官、JPモルガン、シティ、 BofAはコメントを控えた。ゴールドマンとウェルズ・ファーゴからのコメントも得られていない。

©2021 Bloomberg L.P.