(ブルームバーグ): 米食品医薬品局(FDA)は22日、65歳以上の高齢者や重症化リスクのある成人らを対象にしたファイザー・ビオンテック製新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を認可した。

  緊急使用許可(EUA)は、職業を通じてコロナ感染で深刻な合併症にかかる高リスクにさらされる18歳以上に対しても「ブースター」と呼ばれる追加接種を認めた。

米当局がファイザー製ワクチンの3回目接種認可、高齢者ら対象 

    シンガポールのオン保健相は、当初の政府想定より速いペースで感染が増えているものの、状況は引き続きコントロールされているとメディアに語った。オーストラリアではビクトリア州が23日、新規感染766人を報告。1日当たりの過去最多となった。一方で豪州で人口最大の州ニューサウスウェールズ州では感染が鈍化しているもようだ。

    米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億2949万人、死者数は470万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計60億3000万回を超えた。

  バイデン米大統領は自ら主催した新型コロナウイルスワクチンのサミットで22日、コロナ禍収束に向けてワクチンや治療薬の生産を大幅に拡大するよう各国・地域に呼び掛けた。コロナ危機は生半可な措置では解決できないとし、「思い切った行動が必要だ。それぞれが自らの役割を果たさなくてはならない」と述べた。英国やカナダ、南アフリカ、インドネシアの首脳や民間セクター、非政府組織(NGO)の代表者らがサミットに参加した。

  バイデン大統領はまた、米国が国外供与向けに米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンを追加で5億回分購入することを明らかにした。

  英国はアラブ首長国連邦(UAE)が発行するコロナワクチン接種証明を来月4日から入国時の確認書類として受け入れ、両国間の渡航をしやすくする。一方、UAEは新規感染者数の減少が続く中、マスク着用規則を緩和した。

  妊婦がメッセンジャーRNA(mRNA)技術を使ったコロナワクチンを接種すると、高水準の抗体が胎児に移行することが明らかになった。研究論文が22日、米産科婦人科(母体胎児医学)学会誌で発表された。

ワクチン接種した妊婦、高水準の抗体を胎児に移行−米研究で確認

  米ギリアド・サイエンシズは抗ウイルス薬「ベクルリー(一般名レムデシビル)」について、早期に投与することで入院を87%防げたとする後期臨床試験結果について発表した。

  ニューヨーク州都市交通局(MTA)は、ニューヨークの地下鉄やバス、通勤電車でマスク着用ルールが以前ほど守られていないとのデータが示されたことから、順守に向けた対応を強化すると、テレビ局WABCは報じた。

 原題:U.S. Clears Third Pfizer Dose; Thai Quarantine: Virus Update、Biden Calls on Wealthy Nations to Hasten Vaccine Donations (1)(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.