(ブルームバーグ): 韓国では「秋夕(チュソク)」連休明けの23日(24日午前0時までの24時間)に新たに2434人の新型コロナウイルス感染者が報告され、1日当たりの最多を更新した。

韓国のコロナ新規感染者数が最多更新、「秋夕」連休明け

  タイはバンコクと4県でワクチン接種済みの観光客に隔離を免除する計画を11月1日まで1カ月先延ばしすることを検討する。これらの地域のワクチン接種率が目標の70%達していないためだとした。

  米疾病対策センター(CDC)は23日、米ファイザー・独ビオンテック製新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種について、感染ないし重症化のリスクの高い人を対象に行うことを支持した。CDCの「予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)」はこの日、より狭い範囲の使用を推奨することを決めたが、この勧告の一部は退けられ、幅広いブースター接種に道を開いた。

幅広いブースター接種に道−米CDC所長が諮問委勧告を却下

  米連邦政府の職員および請負業者のグループが、ワクチン接種義務化の差し止めを求めて政府を提訴した。バイデン政権による政府職員・請負業者への接種義務化や、現役部隊の兵士にワクチン接種を義務付ける国防総省の方針に異議を申し立てている。

  米国では過去1カ月間で18歳未満の新型コロナ感染症例が約100万件となった。感染力の強いデルタ変異株が感染増を引き起こしており、ワクチン普及を頼みに対面授業を再開した学校が新学期早々困難に直面した格好だ。バービオの追跡ツールによると、閉校となっている学校は19日現在、前週比で18%増えて2000校となった。

  中国では新規国内感染症例が30件報告された。同国最北端に位置する黒竜江省のハルビンで増加した。

  米ニューヨーク州のホークル知事は医療従事者が不足する事態に備えていると述べた。同州の医療従事者は27日までに初回のワクチン接種を義務付けられており、未接種の場合は失職する可能性がある。

  シンガポールでの新規感染者数は1504人と、過去最多を更新した。

  米ノババックスと提携先のセラム・インスティチュート・オブ・インディアは世界保健機関(WHO)に対し、コロナワクチン候補の緊急使用リストへの追加を申請した。このリストに加われば、ワクチン共同購入の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」に参加する国への輸出要件が満たせる。

  イスラエルは来月から、教師が校舎に入る際にコロナ陰性もしくはワクチン接種完了の証明提示を義務付ける。従わない場合は減給処分の対象にもなる。6カ月以内にコロナ感染症から回復した人は対象外。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億3056万人、死者数は472万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計60億6000万回を超えた。

(3段落目のCDCの部分を訂正します)

©2021 Bloomberg L.P.