(ブルームバーグ): ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは、欧州のバッテリー製造合弁でステランティスおよびトタルエナジーズとタッグを組む。同合弁の規模を70億ユーロ(約9000億円)余りに拡大し、高級車メルセデス・ベンツ部門の電気自動車(EV)向けに電池を確保する。

  ダイムラーが24日発表した資料によれば、メルセデスは合弁会社オートモーティブ・セルズ・カンパニー(ACC)の株式33%を引き受ける。ACCのプロジェクトは株式や借り入れ、補助金を通じて賄うという。2030年までに欧州で少なくとも120ギガワット時の生産能力を持つ計画だ。

  ステランティスによると、ACCはパートナーを増やすことにはオープン。ACCはステランティスのライバル企業、仏ルノーとも交渉している。

  メルセデスは来年5億ユーロ程度を投じるが、同部門の投資額は計10億ユーロ未満にとどまる見込み。

  メルセデスは今年7月、30年までに400億ユーロ余りを投じてEVのラインアップを強化する計画を発表。高級車販売のリードを守りたい考えだ。

メルセデス、2030年までに5兆円投入で電気自動車移行を加速

 

 

©2021 Bloomberg L.P.