自民党総裁選(9月29日)まで残り0日

(ブルームバーグ):   自民党総裁選は午後1時から国会議員による投票が始まる。報道各社の分析によれば、1回目の投票では過半数を獲得できる候補者はなく、上位2人による決選投票になるとの見方が濃厚だ。

  国会議員票382票と同数の党員票がある最初の投票と異なり、決選投票では国会議員票382票に対し、党員票は都道府県ごとの47票に圧縮される。決選投票に残れなかった2人を支持した国会議員の動きが勝者を決めるとも言える。

  締め付けに反発する中堅・若手議員らの動きが注目された今回の総裁選だが、投票を前に派閥の動きも表面化してきた。

  茂木敏充外相は28日の記者会見で、所属する旧竹下派は「大半が岸田氏支持でまとまった」と明らかにした。挙党体制で安定政権を目指す必要があり「こうした体制が一番築けるのは岸田氏だ」と判断したという。

  朝日新聞によれば、二階俊博幹事長も同日の会見で、決選投票では派閥で結束して対応する考えを表明した。

今日の予定:

13:00 国会議員による投票開始14:20ごろ 結果発表、決選投票なら直ちに投票開始15:40ごろ決選投票の結果発表両院議員総会開始新旧総裁あいさつ18:00ごろ 新総裁記者会見

主な記事:

高市氏は対中国で強硬姿勢、河野・岸田両氏は対話も重視−自民総裁選河野氏の年金改革案に批判が集中、本人も「案にはこだわらず」と後退金融・財政・成長戦略・高齢化、新首相も難題に直面−自民党総裁選「永田町の弱者」から脱却、初の女性首相に挑む高市・野田氏−総裁選

市場の見方:

債券市場は「高市氏シナリオ」で波乱含み−三菱モルガン日経平均、自民総裁選に「フラッグ」が覆う重要変化の週に−チャート自民党総裁選、候補者により円そのものへの影響に差−上田ハーロー自民党総裁選後に株価上昇も、来週は実行性見極めへ―SMBC信託

各社報道:

自民党総裁選、岸田氏・河野氏が軸に−日経「2−3位連合」焦点、決選投票確実−時事決選投票先、なお流動的 二階派の対応焦点−毎日党員票、議員票と同時に公表−日経

世論調査:

議員票で岸田氏先行、決選投票確実な情勢−日経党員支持、河野氏47% 岸田氏追い上げ22%−共同自民支持層、河野氏47% 高市氏28%・岸田氏18% 総裁選ネット調査−毎日

総裁選の仕組み

  国会議員票382票と全国約110万人の党員・党友票を382票に算定した計764票で争われる。1回目の投票で有効投票数の過半数を取る候補がいなかった場合は、上位2人で国会議員と都道府県連各1票による決選投票を行う。

©2021 Bloomberg L.P.