(ブルームバーグ): 米民主党のシューマー上院院内総務は29日、暫定予算案の上院採決を30日午前に実施することで合意に達したと明らかにした。これにより10月1日に連邦政府機関が閉鎖される事態は回避される。暫定予算は12月3日を期限とする。

  上院民主党が連邦債務の法定上限凍結を盛り込んだ暫定予算案を通過させることに失敗したため、会計年度末を控えた各政府機関は一部業務を停止する事態に備えていた。

  対立を招いていた文言を削除したため、暫定予算案は上下両院を難なく通過する見通しとなった。

  ただ、イエレン財務長官は、連邦債務上限の適用停止ないし引き上げの法的措置が講じられない限り、財務省の手元資金は10月18日前後に事実上尽きると警告している。民主党はこの問題の解決策をまだ見いだせていない。

  下院は29日、政府債務の法定上限の適用を2022年12月まで停止する法案を賛成多数で可決したが、共和党が同法案への反対姿勢を緩めていないため、上院は通過しない見込みだ。

米下院、債務上限の適用停止法案を可決−上院の通過は絶望的

©2021 Bloomberg L.P.