(ブルームバーグ): バイデン米政権は数日以内に中国政府に対して直接の働き掛けを行い、貿易合意へのコミットメントを強化する。米国の労働者と企業を支援するため、一部の製品に関税を除外する新たなプロセスを始める。複数の政権高官が明らかにした。

  タイ米通商代表部(USTR)代表は中国の劉鶴副首相と近く開く初会談で、トランプ前政権下でまとまった第1段階の米中貿易合意で、中国側の目標未達を強調する予定。タイ代表は4日午前、ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)でスピーチを行う。

  バイデン政権は中国との交渉で何らかの措置を取り下げることはないものの、通商で緊張関係を高める意向はないと政権高官の1人は強調。中国側が慣行を変える公算は小さく、米国にはそれを踏まえた戦略が必要であることを認識しているという。

  タイ代表のスピーチは米中貿易関係に対するバイデン政権のアプローチに焦点を絞る。中国政府の経済行動への対処法について、同政権は数カ月にわたり内部で検証し議論を重ねていた。

 

©2021 Bloomberg L.P.