(ブルームバーグ): 11日の商品市場で、アルミニウムが2008年以来の高値を記録した。深刻化しつつある電力危機で、エネルギーを大量消費するアルミの供給が圧迫されている。アルミはビール缶から米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に至るさまざまなものに使われている。

  アルミは基本的に「固形の電力」だとのジョークも業界内では聞かれる。生産には1トン当たりに約14メガワット時の電力量を要する。これは平均的な英住宅の消費電力量の約3年分に相当する。年間当たりの消費電力量6500万トンのアルミ業界が国だとすると、電力消費の大きさでは世界第5位となる。

  このためアルミは産業界のエネルギー使用を抑制しようとする中国の取り組みにおいて、最初の標的の一つとなった。同国は将来の生産能力を制限する措置を設けている。これは何年にも及ぶ過剰な生産拡大の終了を目指すもので、世界的な供給不足が深刻化する見通しが強まっている。アジアや欧州全体でのエネルギーコスト急上昇はさらなる供給削減のリスクがあることを意味し、価格はさらに一段と上昇するとみる投資家もいる。

  11日のロンドン金属取引所(LME)で、アルミは前週末比3.3%高の1トン=3064ドルと、08年7月以来の高値を付けた。この日はアルミ中心に、非鉄金属が広く値上がりした。銅は1.9%高。亜鉛は2.5%高の1トン=3230ドル。

 

(4段落目の相場を更新します)

©2021 Bloomberg L.P.