(ブルームバーグ): ゴールドマン・サックス・グループは、中国の2022年国内総生産(GDP)成長率見通しを5.2%に下方修正した。従来予想は5.6%だった。中国政府は不動産の債務削減など長期的な政策目標を堅持している。

  ホイ・シャン氏らゴールドマンのエコノミストは25日のリポートで、7−9月(第3四半期)のGDP成長率鈍化とインフレ加速は政策面によるところが大きく、一過性にとどまる可能性が高いとし、10−12月(第4四半期)の成長率は前期比で持ち直すと見込んでいる。10−12月の前年同期比では3.1%へと鈍化する見通し。

  ゴールドマンは「一部都市での不動産税の試行に関する新たなニュースで裏付けられたように、不動産の過剰債務削減など長期的な政策の方向性は変わっていない」と指摘した。

©2021 Bloomberg L.P.