(ブルームバーグ): 実業家のイーロン・マスク氏が暗号資産(仮想通貨)「シバイヌ(SHIB)」を保有していないとツイッターで明らかにしたことを受け、25日の取引でSHIBが反落している。マスク氏は今月初めに自分が飼っている柴犬の写真をツイッターに投稿。柴犬をモチーフにしたミームコインであるSHIBはこれをきっかけに急激に値上がりし、仮想通貨の時価総額ランキングを上げていた。

  電気自動車メーカー、米テスラの最高経営責任者(CEO)であるマスク氏は、SHIBをどの程度保有しているかとのツイッターのユーザーからの質問に対し、「一つもない」と回答。その後のツイートで、ビットコインとイーサ、ドージコインを買ったことはあるが「それだけだ」と説明した。

  同氏はこれまでソーシャルメディアでドージコインを繰り返し紹介し、暗号資産全般についても頻繁に言及してきた。

  コインゲッコーの価格データによると、SHIBは香港時間25日午前9時30分(日本時間同10時30分)時点で、24日につけた過去最高値から約15%下落。過去30日間では400%余り上昇し、仮想通貨の時価総額で11番目の大きさとなっている。

「シバイヌ」が50%上昇し最高値、時価総額11番目の仮想通貨に

©2021 Bloomberg L.P.