(ブルームバーグ): 中国の経済成長率見通しをエコノミストらが再び引き下げた。電力不足と不動産市況のさらなる悪化が影響している。

  ブルームバーグが実施した最新調査の予想中央値によれば、中国の国内総生産(GDP)は今年、前年比8.1%増、来年は5.3%増となる見込み。これまでは2021年が8.4%増、22年は5.5%増との予想で、いずれも下方修正された。

  今年10−12月(第4四半期)のGDP成長率見通しは3.5%と、1ポイント近く引き下げられた。

  ウェルズ・ファーゴの通貨ストラテジスト、ブレンダン・マッケンナ氏は「中国の不動産セクターが急激に減速しており、当初の予想を上回る成長鈍化を招くのではないかと懸念している」と述べた。 

  ブルーバーグ調査に関するその他のポイントは以下の通り。

インフレ率は21年が1%、22年は2.2%と、従来予想を下回る生産者物価上昇率見通しは21年が7.6%、22年は3.7%に上方修正今年10−12月の工業生産は3.9%増となる見込みで、伸び率は従来予想から0.7ポイント引き下げられた

©2021 Bloomberg L.P.