(ブルームバーグ): 格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、中国の不動産開発大手、佳兆業集団の信用格付けを「CCC−」へと2段階引き下げたと発表した。ドル建て債を巡るデフォルト(債務不履行)リスクが高まっているとした。

  佳兆業の長期発行体デフォルト格付けはこれまで「CCC+」と、既にジャンク(投資不適格)級となっていた。

  フィッチは発表文で、「佳兆業の不動産管理部門や深圳の一部既存住宅プロジェクトならびに投資物件、広東省の都市再開発事業の売却を巡る進展が遅い」と指摘。「こうした資産の処分は実行リスクにさらされており、ドル建て債を巡る利払いでデフォルトに陥る可能性を高めているとわれわれは考えている」と説明した。

  今回の格下げは佳兆業の流動性が一段と悪化しているとのフィッチの見方を反映。公表されていない理財商品の債務などもあり信用リスクは高いと分析した。

©2021 Bloomberg L.P.