(ブルームバーグ): 欧州株は来年も上げを拡大する公算が大きい。ソシエテ・ジェネラルのストラテジストが予測した。リスク要因をはねつけ、上昇を続けるとの楽観的な見方に加わった。

  ロラン・カロヤン氏ら同行のストラテジストは年次見通しのリポートで、「強材料がまだ十分にあるとみている」と指摘。コストインフレのピークや欧州中央銀行(ECB)と米金融当局との政策かい離、米国株に比べて記録的に低い欧州株の取引を根拠に挙げた。

  ソシエテはストックス欧州600指数が2022年末に520に上昇していると予想。これは24日終値から8%余りの値上がりを示唆している。ただ、ゴールドマン・サックス・グループが予想する530への上昇には及ばない。ストックス600の今年の年初来上昇率は21%に上る。

 

 

©2021 Bloomberg L.P.