(ブルームバーグ): イタリアの銀行、ウニクレディトは新たに約3000人の雇用削減を計画している。アンドレア・オーセル最高経営責任者(CEO)は新たな戦略計画の一環として収益性の高い事業に注力したい考えだ。

  今回の人員削減は大半を中枢部で実施する方針で、官僚主義や重複を減らしたい意向だと、事情に詳しい複数の関係者は話した。この計画がまだ公になっていないとして匿名を条件に語った関係者らによれば、最終的な人数はまだ検討中で、イタリアと国外の従業員が対象になる。

  来週に発表される新たな戦略の一環として、オーセルCEOは成長に軸足を移し、事業再編の時代を脱することを目指している。

  ウニクレディトの広報担当者はコメントを控えた。

  同行は従来の戦略計画に基づく約3900人の削減も実施する必要がある。これについては、労働組合や従業員と既に合意済みだ。

UniCredit Plans About 3,000 Fresh Job Cuts Under Strategic Plan(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.