(ブルームバーグ): 中国の不動産開発会社、中国恒大集団について何カ月もの間、疑問が渦巻いてきたが、投資家はついにその答えを得たようだ。今週の展開を経て、同社が中国で過去最大規模の債務再編に向かっていることが鮮明になった。

  最後の瞬間に予想外の秘策が出てこない限り、192億ドル(約2兆1800億円)の中国恒大のドル建て債保有者は大幅な元本削減に直面するだろう。このプロセスは長期間を要し、中国経済へのリスクともなり得る。

  正式なデフォルト(債務不履行)宣言はなされていないものの、ドル建て債2本の保有者は遅れているクーポン支払いを30日間の猶予期間が終了した時点までに受け取っていない。S&Pグローバル・レーティングは7日、デフォルトは「不可避」との見方を示した。中国恒大にコメントを求めたが応答はない。

中国恒大の債券保有者、6日期限の利払いまだ−傘下のドル建て債 

S&P、中国恒大にデフォルト不可避と見受けられる

  同社は3日に取引所への届け出で、オフショア債権者と再編計画について「積極的」に協議する計画だとしていた。公募および私募の全てのオフショア債を再編計画に含める計画だと事情に詳しい関係者が6日に述べた。

中国恒大、債務再編に全てのオフショア債を含める計画−関係者 

 

  6月時点で総額3000億ドル以上の負債があることを開示した中国恒大は、不動産セクターを規制し投機を抑制しようとする習近平国家主席の政策の最大の犠牲になる。

  問題は、政府がその影響を制御できるかどうかだ。今年に入り中国資産を減らしたアーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏は、当局は「火遊びをしている」と述べた。

  世界の債券保有者にとっては、中国恒大のデフォルトは資金回収のための長期にわたる闘いの開始を意味するだろう。中国当局は同社に、住宅購入者と納入業者、理財商品を購入したリテール投資家を債券保有者より優先することを求めている。

  オリエント・キャピタル・リサーチのマネジングディレクター、アンドルー・コリアー氏は「結果がどうあれ、オフショア債保有者の弁済順位は最下位であり、恐らく大幅な債務減免の受け入れを迫られるだろう」と話した。

 

Evergrande’s Epic Restructuring Puts Onus on Xi to Limit Fallout(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.