(ブルームバーグ): 米銀ウェルズ・ファーゴは従業員のオフィス復帰計画を無期延期した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株に関連した世界的な感染拡大を受けた措置。

  21日の発表資料によると、従業員は同行の計画についてさらなる説明を来年受ける予定。同行はリモート勤務している従業員を11月1日からオフィスに呼び戻し始める計画を断念し、来年1月10日からのオフィス復帰を目指していた。

ウェルズ・ファーゴ、年内のオフィス復帰を断念−来年1月に先延ばし

  ウェルズ・ファーゴは発表資料で、「従業員の健康と福利を優先し、引き続き状況を注視していく」とした。

オミクロン株でキャンセル相次ぐ−延期・中止となった会議やイベント

©2021 Bloomberg L.P.