(ブルームバーグ): 英政府の緊急科学諮問会議(SAGE)は、感染が高年齢層に広がるのに伴って「入院患者の大波」が押し寄せることになるとの見方を示した。英政府統計局(ONS)によると、19日終了週時点でロンドンでは10人に1人が感染。ジョンソン英首相はクリスマスに注意を呼び掛けている。

ジョンソン英首相、クリスマスに注意呼び掛け−コロナ感染者急増

  南アフリカ共和国では、過去に感染してウイルスに対する一定の免疫を持つ人が人口の80%に達している。こうした状況を受けて同国は感染経路の追跡を停止し、感染者の隔離もやめる。コロナ対応戦略の重点を転換する。

南ア、感染経路の追跡と隔離を停止へ−人口の8割がコロナ感染経験

  日本では、厚生労働省が米メルク製のコロナ飲み薬「モルヌピラビル」を承認。後藤茂之厚労相は記者団に対し、27日から同治療薬の配送が始まることから、オミクロン変異株の市中感染が国内でも広がる中で新型コロナ対策が大きく進展するとの認識を示した。

厚労省が米メルクのコロナ飲み薬を正式に承認−年内に使用開始 (1)

  厚労省はまた、一般高齢者のワクチン3回目接種について、来年2月以降とされていた接種時期を1月以降に前倒ししても差し支えないとの考えを示した。共同通信が伝えた。

厚労省、一般高齢者の3回目接種は来年1月以降に前倒し可能−共同

  フランスの保健当局はオミクロン感染者の急増を受け、ワクチン接種完了からブースター(追加免疫)接種までに空ける期間を4カ月から3カ月に短縮するよう勧告した。

  イスラエルが今週発表した60歳以上の人と医療従事者に対する4回目のワクチン接種の計画は、保健当局のトップが承認しない場合、延期されるか中止となる可能性がある。同国保健省報道官はブルームバーグ・ニュースの質問に対し、4回目の接種は同省幹部が「なお検討中であり、決定はしていない」とテキストメッセージで回答した。

  タイでもオミクロン株の集団感染が初めて発生し、当局は新年の集まりや祝賀会に注意を促している。台湾では24日に新たに11人のオミクロン感染者が確認され、累計では27人となった。

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億7820万人、死者数は538万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計89億1000万回を超えた。  

©2021 Bloomberg L.P.