(ブルームバーグ): 中国経済は12月、企業センチメント改善や生産者物価の上昇圧力緩和、自動車販売増加に支えられ、緩やかなペースで拡大したが、低迷する不動産セクターと外需減速が今後の見通しを曇らせている。

  中国本土の主要株価指数や住宅販売、銅価格など8つの先行指標を総合したブルームバーグの指数がそうした状況を示した。同指数は12月も横ばいで、景気改善がなお安定したペースで進んでいることが示唆された。ただ、データの一部が発するシグナルはまだら模様となっている。

  輸出の力強さは12月も続いた様子で、世界貿易の指標の1つである韓国の輸出は2桁台の増加が見込まれるが、物流のボトルネックで前月からペースが鈍る可能性がある。今年の記録的な伸びを2022年も維持するのは困難とみられ、見通しはこれまでより不透明になっている。

  スタンダードチャータードが500社余りを対象に実施した調査では、中小の輸出企業の業績は12月、堅調な受注が追い風となり、一段と改善した。しかし、向こう3カ月の販売・生産見通しは不確実だと大中華圏担当チーフエコノミストの丁爽氏が調査リポートで指摘した。

  同リポートによれば、外需は正常化し、内需は改善。新規受注が加速し、完成品の在庫が減少した。

  中国当局が不動産セクターのハードランディングを防ごうとしているにもかかわらず、1級4都市の住宅販売は12月も減少。調査によると、当局の締め付けで大打撃を受けた不動産中小企業のサブ指数は48.6と、11月の57.6から急低下した。

中国の新築住宅価格、11月は前月比0.33%下落−3カ月連続の値下がり

  生産者物価は今月、若干の緩和の兆しを見せた。ブルームバーグ・エコノミクスが調査する一連のデータでは、11月まで3カ月連続で伸びが加速していたが、12月はピークから減速に転じている。

©2021 Bloomberg L.P.