(ブルームバーグ): 中国恒大集団はドル建て債2本の利払い期限を28日に迎えたが、これら社債保有者の一部によると、まだクーポンの支払いは行われてない。同社は今月初旬、別のオフショア債の猶予期間終了後も利払いを履行できなかった。

  今回期限が過ぎた利払いは、表面利率8.75%の社債の2億480万ドル(約235億円)と同7.5%の社債の5040万ドル。ブルームバーグ・ニュースが確認した起債関連の書類によれば、デフォルト(債務不履行)と認定されるかどうかは、30日間の猶予期間後となる。恒大にコメントを求めたが、通常の営業時間外のため現時点で返答はない。

  複数の社債保有者によると、香港時間29日午後10時45分(日本時間同11時45分)時点で利払いは行われていない。この件について公に話す権限がないことを理由に匿名で語った。

  恒大は傘下の景程が発行したドル建て債の利払いを今月6日の猶予期間終了までに行わなかった。その数日前にはオフショア債権者と再編計画に関して「積極的に話し合う」方針を発表していた。同社はその後、デフォルトに陥ったとS&Pグローバル・レーティング、フィッチ・レーティングスの大手格付け2社に認定された。

中国恒大をS&Pもデフォルト認定、猶予期間内に利払いできず  

  ブルームバーグ・ニュースが確認した目論見書によれば、2本のドル建て債は支払い・証券代行をシティバンクのロンドン支店が担当している。28日は英国の祝日だった。

  中国不動産企業の株価に連動するブルームバーグの指数は29日の取引で一時2.2%下げ、このままいけば今月20日以来の下落率となる。香港市場では恒大の株価が7.4%高となる場面もあったが、その後は上げ幅を大きく縮小した。

Some Bondholders Yet to Be Paid, Stocks Slide: Evergrande Update(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.