(ブルームバーグ): 人口1300万人の中国・西安市では厳格なロックダウン(都市封鎖)にもかかわらず、デルタ株中心の感染拡大が収まる気配がない。1日に170人余りの感染が確認されたのに続き、2日も新規感染者が120人を超えた。その多くは過去に感染した人との濃厚接触歴がない。これは市中感染がどのように広がったか、まだ完全には把握されていないことを示唆している。

  オーストラリアのモリソン首相は、シドニーにある副官邸キリビリハウスで先週行われた記者会見の出席者1人が検査で陽性となったのを受け、コロナ症状のチェックを受けている。ニューサウスウェールズ(NSW)州の新たな指針では、首相は隔離義務の対象となっていない。

  政府報道官は電子メールで、副官邸の「居住者とスタッフはNSW州保健局の指示に従って行動している」と説明。「首相は隔離や検査を義務付けられておらず、症状を引き続きモニターしている」とコメントした。

  オーストラリアで人口2位のビクトリア州では新規感染者が7172人と、過去最多だった前日の数字を下回った。同州では引き続きオミクロン株が主流となっている。

  ドイツの新規感染者は1万2515人と前日の2万6392人の半分未満に減少した。ロベルト・コッホ研究所(RKI)のデータが示した。コロナに関連する死者数は46人増え計11万2155人となった。

  英イングランドでは中等学校の生徒に教室でのマスク着用を義務付ける。英紙サンデー・テレグラフがザハウィ教育相を引用して報じた。ウェールズとスコットランドでは既に教室内のマスク着用が義務付けられている。

  米ニューヨーク州では1日、新たに8万5476人の新型コロナウイルス感染が確認された。前日の数字を9000人近く上回り、1日当たりの最多を更新した。オミクロン変異株が急速に広がり続けている。

米ニューヨーク州の新規コロナ感染者、過去最多の8万5476人

  第110代ニューヨーク市長に1日就任したエリック・アダムズ氏は、「ニューヨークにはコロナのパンデミック(世界的大流行)に勝る力があるため、なおオープンで健在だ」と宣言した。

  米国を発着する航空機のうち2600便余りが1日に欠航となり、4000便余りに遅延が発生している。航空機の運航情報を提供する「フライトアウェア」のデータが示した。悪天候に加え、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の急拡大に伴う人員不足が理由。

米国でさらに2600便欠航、コロナ感染拡大と悪天候が航空機運航に影響

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億8920万人、死者数は544万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計91億9000万回を超えた。

©2022 Bloomberg L.P.