(ブルームバーグ): 3日の欧州株は反発し、新年最初の取引で最高値を更新した。世界経済は新型コロナウイルスのオミクロン変異株による影響を乗り切れるとの楽観が買いを促した。ただ、米国債利回りが急上昇したことを受けて上値は抑制された。

米国債利回り急上昇、22年最初の取引−早期利上げ観測強まるとの見方

  ストックス欧州600指数は前営業日比0.5%上昇し、昨年11月中旬につけたこれまでの最高値を上回って終えた。英国市場が祝日のため売買は膨らまなかった。ユーロ圏の優良銘柄で構成されるユーロストックス50指数は同0.8%高。

  フローバンクのエスティー・ドウェク最高投資責任者(CIO)は「昨年終了時と同じ問題や懸念を抱えたまま2022年が始まったが、恐らく同じ楽観が今年も市場に広がるだろう」と、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで述べた。

  欧州債市場では、ドイツ国債を中心にユーロ圏国債が下落。米国債の売りが意識された。独10年債利回りは昨年11月上旬以来の高水準となった。

  市場の関心は、今週相次いで発表されるユーロ圏のインフレ指標や購買担当者指数(PMI)に移っている。

  英国債市場は祝日のため休場。

ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)

European Bonds Follow Treasuries Lower: End-of-Day Curves(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.