(ブルームバーグ): 南アフリカ共和国ではオミクロン変異株を主流とする新型コロナウイルス感染拡大期での「超過死亡」が、それまでの変異株による感染拡大期を大きく下回る水準で頭打ちとなった。

  平年と比較した死亡数の増加を示す超過死亡は、公式のコロナ死亡者統計よりも感染の影響を正確に反映する数値とみなされており、最新の数値はコロナ禍が今後世界でどう展開するかを知る手掛かりとなり得る。

  南ア医学研究審議会の6日発表によると、12月26日までの週の超過死亡は3016人と、前週の3087人から減少。同時期に公式のコロナ死者数は425人(前週428人)に減った。超過死亡の減少は3週間ぶり。

  最新週の超過死亡は、ワクチン接種開始前でベータ変異株が猛威を振るっていた2021年初めにつけたピークの1万6115人を大きく下回る。デルタ株が主流だった昨年7月の超過死亡は1万人強、感染第1波のピークを迎えた2020年7月は6674人だった。

  「超過死亡の推計値は、コロナとの関連性が確認された死者数と整合する格好で減少を始めた」と同国の医学研究審議会は指摘。「現在南アで見られる超過死亡の大部分がおそらく新型コロナによるものだということを強く裏付けるデータだ」と説明した。

  超過死亡は、オミクロン株が最初に特定されたハウテン州やその他3州でピークを付けたとみられる。

S. African Excess Deaths Portend Low Mortality From Omicron (1)(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.