(ブルームバーグ): 中国の不動産開発大手、世茂集団は7日、信託融資に関連したデフォルト(債務不履行)問題が投資家からの繰り上げ返済要求を招くとは見込んでいないことを明らかにした。自社のバランスシート強化に向けて資産売却を加速させる計画だとも説明。同日の世茂株と社債はいずれも値下がりしている。

  世茂は上海証券取引所への届け出で、公開市場では不履行を起こしていないと指摘した。

  中誠信託の投資家宛ての通知によると、世茂の傘下部門は先月25日までに7億9200万元のうち6億4500万元(約120億円)の支払いを怠り、不履行とされた。

  7日の香港株式市場で、世茂は一時18%安。人民元建て債(表面利率4.65%)は81元と13%下落。6日に23.2セント下げたドル建て7月償還債(表面利率4.75%)は香港時間7日午前10時6分(日本時間同11時6分)時点で、額面1ドルに対して4.2セント安の42.7セント。

©2022 Bloomberg L.P.