(ブルームバーグ): オンライン決済大手の米ペイパル・ホールディングスは暗号資産(仮想通貨)を後押しする一環として、価格の安定性のために設計された独自のステーブルコイン発行を検討している。「iPhone(アイフォーン) 」版のペイパル・アプリ内で証拠が見つかり、同社が開発を確認した。

  ペイパルの仮想・デジタル通貨担当シニアバイスプレジデント、ジョゼ・フェルナンデス・ダ・ポンテ氏はブルームバーグ・ニュース宛ての資料で、「当社はステーブルコインを検討しており、推進を目指すのであれば関連する規制当局と緊密に協力していく」と説明。ステーブルコインは既存の通貨や商品の価値で担保された暗号資産。

  ペイパルがステーブルコインの構築を探っていることを示す証拠は、開発者のスティーブ・モーザー氏がペイパルのアプリで最初に発見し、ブルームバーグにそれを共有した。隠されたコードと画像は「ペイパル・コイン」と呼ばれる通貨に関する取り組みを示し、コードは米ドルを裏付けとする可能性を示唆している。

©2022 Bloomberg L.P.