(ブルームバーグ): 香港は新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大抑制を目指し、社会的制限措置を春節(旧正月)の終わりまで延長する。地元メディアの香港有線電視と香港01が報じた。域内のオミクロン株感染者は約60人に達した。

  香港で新型コロナ感染者を強制隔離する仮設施設では約3000人が何時間も電気もなく携帯電話も受信できない状態が続き、丸1日食料が配布されないといった混乱ぶりに関する話が伝わっている。

  新型コロナの感染が拡大している中国・天津市で独フォルクスワーゲン(VW)は中国第一汽車集団(FAW)との合弁工場と、経営権を握っているギアボックスサプライヤーの操業を10日から停止している。トヨタ自動車の天津工場も5日間操業していない。

  韓国は今月17日から3週間、私的に集まる人数の上限を4人から6人に緩和する方向にある。金富謙首相が14日、明らかにした。

  米銀シティグループは13日、米従業員の99%が新型コロナワクチン接種の指示に従ったと明らかにした。

  豪州で人口最大の州、ニューサウスウェールズ州の新規感染者数の伸びは来週、頭打ちになるとの見通しを保健当局者が示した。ただ入院患者数と集中治療室(ICU)患者数は比較的高い水準になる見込みだとした。

  ジャビド英保健相はオミクロン変異株の波が弱まったとして、新型コロナのワクチンパス(接種証明書)を不要にすると決めた。英紙タイムズが匿名の政府関係者を引用して報じた。

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は3億1996万人、死者数は552万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計96億1000万回を超えた。

(香港や中国などの情報を追加して更新します)

©2022 Bloomberg L.P.