(ブルームバーグ): 三菱UFJ銀行は18日、4月以降に口座を開設する人に対して、紙の通帳を希望する場合には年間550円の手数料を取ると正式に発表した。18歳未満や70歳以上の高齢者は対象外とする。通帳レスのサービスの利用促進や、環境に配慮した姿勢を強化する狙いがある。

  通帳の発行手数料は、大手銀行ではみずほ銀行と三井住友銀行が、地銀では横浜銀行などが一部の新規顧客に対して導入済み。

  三菱UFJ銀は、既存顧客が通帳レスの「Eco通帳」に切り替えれば先着20万人を対象に期間限定で1000円を贈るキャンペーンを行うとも発表した。通帳手数料の導入とあわせ、顧客のデジタル利用を加速させる。

  紙の通帳が少なくなれば、銀行はコスト抑制を図れるほか、紙の削減を通じた環境貢献にもつなげられる。通帳は課税文書と見なされるため、銀行は印紙税として1口座当たり年間200円を納める必要がある。数千万の口座を持つ大手銀行では年間の負担額が数十億円に上るとみられる。

©2022 Bloomberg L.P.