(ブルームバーグ): 人口世界一の中国で出生率の低下が止まらない。政府の出産奨励策にもかかわらず、2021年に人口危機が悪化した。

  国家統計局が17日発表したデータによれば、中国で昨年生まれた赤ちゃんは1062万人。20年は1200万人だった。公式統計に基づき算出すると、少なくとも1950年以来最少となった。人口1000人当たりの新生児数を示す出生率は7.52と、少なくとも78年以来の低水準。

  出生数の急減は中国の人口減少が予想よりも早く始まる可能性を示している。2021年は死亡者数が1010万人と出生数をわずかに下回り、辛くも人口減を免れた。

  国家統計局の寧吉喆局長は北京での記者会見で、出産に適した年齢の女性の数減少や子育てに対する考え方の変化、新型コロナウイルスの影響が出生減につながったと説明。ただ、夫婦1組につき3人まで子どもを持つことを認める政策の効果が徐々に発揮され、今後数年は年1000万人ほどの出生数が続き、中国の人口は14億人前後で推移するとの見方を示した。

  中国本土の人口(外国人を除く)は21年末時点で14億1000万人と、20年末から48万人増加。労働年齢(中国では16−59歳)の割合は62.5%。10年前は70%を超えていた。

©2022 Bloomberg L.P.