(ブルームバーグ): 米マイクロソフトがゲームソフト会社アクティビジョン・ブリザードの買収を発表したのを受け、ゲーム関連銘柄が世界的に上昇している。2022年は軟調な滑り出しとなっていたテクノロジー株を活性化させる可能性がある。

マイクロソフト、アクティビジョンを7.9兆円で買収へ−過去最大 (1)

  18日の株式市場では米エレクトロニック・アーツ(EA)や米ロブロックス、仏ユービーアイソフト・エンターテインメント、ポーランドのCDプロジェクトなどが上昇。一部は買収ターゲットの候補として取りざたされている。これら企業の株価が最近下げたことに加え、メタ・プラットフォームズなど巨大企業のメタバース(仮想空間)やゲームへの関心が高まっており、ゲーム関連業界ではさらなる買収・合併(M&A)への期待が高まっている。

  先週には米ゲームソフト会社テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアがモバイルゲームメーカーの米ジンガを買収すると発表していた。

ゲームソフトのテイクツー、モバイルゲームのジンガ買収−110億ドル

  Mバンクのアナリスト、ピョートル・ポニャトフスキ氏は「最近の大型買収はいずれも、マーケットリーダーが過小評価されていることを示すものだ」と指摘。「マイクロソフトによる買収はサブスクリプションモデルがゲーム事業の未来であると示しており、豊富なゲームカタログを持つ企業を後押しするはずだ」と述べた。

©2022 Bloomberg L.P.