(ブルームバーグ): ブリンケン米国務長官は21日にジュネーブでロシアのラブロフ外相と会談し、ウクライナ国境の緊張を直ちに緩和するよう要求する意向だ。

  米政府当局者が18日に記者団に語ったところによると、ウクライナとの国境には10万人余りのロシア軍が集結し、状況は極めて緊迫している。ロシアのウクライナ侵攻がいつ起きてもおかしくない情勢だと、同当局者は述べた。

  ロシア軍が明らかにベラルーシ領内に向けて動いていることにも北大西洋条約機構(NATO)は警戒していると、この米当局者は指摘。ベラルーシからウクライナを攻撃する選択肢もロシアは取り得る。米国と欧州の同盟国は、ウクライナが攻撃されればロシアを標的に「大規模な」制裁を実行すると表明しているが、米欧が制裁の範囲で一致しているかは判然としない。

 

  ブリンケン国務長官は18日、ラブロフ外相と電話で会談し「ウクライナの主権と領土保全に対する米国の決意は揺るぎない」と強調した。国務省のプライス報道官が文書で明らかにした。

  ブリンケン氏は同日午後にワシントンを出発し、19日にウクライナのゼレンスキー大統領、クレバ外相と会談する予定だ。

  さらに20日にはドイツに向かい、ベーアボック外相と会談する。同外相は18日にラブロフ氏と会談し、ロシアがエネルギーを武器として活用する場合には、ドイツとロシアを海底で結ぶパイプライン「ノルドストリーム2」が報復の対象になると警告した。

 

 

 

©2022 Bloomberg L.P.