(ブルームバーグ): 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)創設の是非を巡る討議資料を発表した。CBDC創設の検討で重要な一歩となる。民間の暗号資産(仮想通貨)の急成長や、開発で先行する中国などの動向に対処する上で、ドルの優位を確保するのに役立つとする動きだ。

  FRBはCBDC発行が賢明であるかどうか確固たる判断を下しておらず、いずれにしてもホワイトハウスや議会の支持がないままプロセスを進める意図はないと表明しており、近いうちに発行される可能性はまずない。しかし、FRBがデジタル資産への取り組み強化を目指す上で、今回の資料発表は最も重要な節目と言える。

  発行の場合の意義付けについてFRBは、「CBDCの導入は米国の通貨における極めて重要なイノベーションを意味するだろう」と討議資料で指摘した。この資料の内容に関して5月20日までの意見公募期間を設けており、CBDC創設には議会の立法化による法的な認可が理想的だと説明している。

  資料ではCBDC発行のプラス面として、国際金融システムにおける突出した通貨としてのドルの地位確保のほか、国境をまたぐ決済の改善や一段と包摂的な金融システムの整備、新たなテクノロジーでのドル使用の利便性向上などを列挙。一方で、従来型の銀行から預金が引き揚げられたり、金融機関への取り付け騒ぎの頻発化・深刻化を招いたりする潜在的なマイナス面も警告した。

  このほか個人のプライバシー保護と犯罪予防のための透明性確保の両立、サイバー攻撃対策などの課題にも言及している。FRB当局者は記者団との電話会議で、意見公募期間終了後に次のステップを検討するとしたが、CBDCが最終的にいつ導入される可能性があるかを巡って具体的なスケジュールは示さなかった。

  FRBは口座の提供やCBDC決済の促進について、当局自体がその役割を果たすのではなく従来型の銀行やノンバンクに委ねる考えを示唆した。討議資料はパウエルFRB議長が昨年5月の時点で公表予定を明らかにし、これまでの検討の成果としてまとめられた。ボストン連銀は2月にもCBDCの技術面に関する別のリポートを公表する見通し。

Fed Takes Key Step in Deciding on U.S. Digital-Coin Issuance (2)(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.