(ブルームバーグ): 経営危機に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は海外投資家を含む債権者グループに対し、債務返済を巡り強硬な法的措置をとらないよう求めた。この債権者グループは先週、法的措置も辞さない構えを示していた。

  24日の発表文で、中国恒大はさまざまな関係者の利益を守る資産売却計画をまとめるため、不確実性とリスクを十分に考慮する追加的な時間を海外投資家に求めていると表明。詳細かつ包括的な債務再編計画を策定しつつあり、オフショアの債権者と積極的に対話を維持していると説明した。

  中国恒大の再編は現在、政府主導で進んでいる。同社は先週、債権者の特定を開始したとブルームバーグが先週報道。中国恒大は金融アドバイザーを追加起用する方針だと明らかにしていた。

中国恒大に法的措置も辞さず、海外投資家含む債権者グループが表明

Evergrande Seeks More Time From Offshore Investors on Repayment(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.