(ブルームバーグ): 北朝鮮は、「長距離巡航ミサイルシステムの更新」および「地対地の戦術誘導弾の常用戦闘部の威力の確証」を目的とした発射実験を25日と27日にそれぞれ実施したことを確認した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が28日に伝えた。

  25日の試験では長距離巡航ミサイルを2発試射。日本海の上の飛行軌道を飛び、1800キロメートル離れた島の標的に命中したとしている。

  27日には「戦術誘導弾2発が標的の島を精密打撃し、常用戦闘部の爆発威力が設計上の要件を満たしたことが確証された」とした。

  北朝鮮の国防科学院は、ミサイル弾頭の担当部門が「戦闘機能と任務遂行能力を有する強力な弾頭」の開発を続けるとした。

  KCNAはこれとは別に、最高指導者の金正恩朝鮮労働党総書記が、主要な武器システムを製造する軍需工場を視察したと伝えた。

©2022 Bloomberg L.P.