(ブルームバーグ): 暗号資産 (仮想通貨) ビットコインが20日の取引で上昇し、重要なテクニカル水準を突破した。非代替性トークン(NFT)「ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(BAYC)」の関連コインも過去最高値を付けた。

  ビットコインは一時約2%高の4万2204ドルまで上昇し、50日移動平均を上抜けた。21日のアジア時間帯に入ると4万2000ドルを割り込んで取引された。

  スタトリ・リサーチ(香港)のテオン・フン最高経営責任者(CEO)は「ビットコインは非常に重要なテクニカル水準に差し掛かっている」と指摘。4万2000ドルの水準について、「50日移動平均であり、終値でこれを上回れば、テクニカルの図式がより強気になる可能性がある」と分析した。

  コインゲッコーによると、3月にスタートしたエイプコインは、20日の取引で約17ドルの最高値を記録した。BAYCのクリエーターらがメタバース(仮想空間)プロジェクトを通じて、仮想の土地売却を計画しているとの観測が広がった。

Bitcoin Rallies Near Key Level as ApeCoin Rises on Metaverse Bet(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.