(ブルームバーグ): ロシアがデフォルト(債務不履行)回避に向けた動きを加速させている。

  JPモルガン・チェースは米財務省の指示に従いロシアのドル建て国債2本の債権者への利払いを停止。これによりルーブルでの支払いを強いられたロシア中央銀行は、JPモルガンやシティグループを介さず債務を履行する手法を確保しようと奔走している。

  状況は20日に一段と深刻化した。 クレジットデリバティブ決定委員会(CDDC)は同日、ロシアがドル建て国債2本の支払いを契約に反してルーブルで行ったことにより、「潜在的な支払い不履行」が発生したと判断。同国債の猶予期間が5月4日に終わる前にロシアが国債保有者にドルでの支払いを行わなければ、CDDCの決定に基づきクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引のクレジットイベント(信用事由)が発生する可能性がある。

ロシア国債「潜在的な不履行」、ルーブルでの支払いで委員会判断 

  ロシアは国内金融機関と独自の清算機関を通じて支払いを行う方法を探っているが、その取り組みがうまくいくかどうかや、それがデフォルト回避につながるかは不明だ。米バージニア大学法科大学院のミトゥ・グラティ教授はインタビューで、「明確に文章化されておらず、恐らく何らかの判断が必要になるだろう」と述べた。

  ロシア紙ベドモスチによると、検討されている選択肢の1つは、海外送金の中継銀行(コルレス)を務める外国銀行とロシア中銀との外国債務取引に関する主支払代理人の変更だ。コルレス銀行は基本的な財務サービス実行と顧客の外国為替管理を担い、主支払代理人は債券管理を担当し、発行体から利息を集めて投資家に分配する。

  このシナリオでは、債券保有者への支払いは外国のコルレス銀行や主支払代理人ではなく、ロシア中銀に対して行われ、その後、その資金はロシア連邦証券保管振替機関(NSD)に移され、最終的に国内の債券保有者もしくは米国のようないわゆる非友好国の債券保有者向けに特別に設けられる口座「タイプC」に行き着く。

テクニカルデフォルト

  独自の国内清算機関を利用することで、ロシアの投資家への支払いを止めている外国の清算機関を回避することも可能かもしれない。国際証券集中保管機関(ICSD)のユーロクリアとクリアストリームは、NSDの口座を凍結し、債券保有者への支払いを滞らせた。

  ロシア産業企業家同盟(RSPP)は、クロスデフォルトや対外資産凍結を回避する取り組みの一環として、社債に関し同様の提案をしている。非居住者はロシアの銀行にある特別外貨口座で社債の支払いを受け、ロシア財務省もしくはその主支払代理人に保有債を売却する権利を持つという仕組みを検討。外銀のデューデリジェンス(資産査定)プロセスでテクニカルデフォルトに陥り得る多数のロシア企業支援が狙いだ。米国の制裁対象とならないロシアの事業体でさえ、返済遅延に直面している。

  ロシアのドル建て公社債がルーブルで支払われても、デフォルト回避となるかどうかは分からない。格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、ロシア政府が2022年と42年償還のドル建てユーロ債の元利払いを期日だった先月4日にルーブルで行ったとの理解に基づき、ロシアの外貨建て発行体信用格付けを「選択的デフォルト」と認定。「30日間の猶予期間中に対応策が打ち出される可能性はあるが、われわれは投資家が受け取ったルーブルを当初決められていた受取額と同等のドルに交換できるとは見込んでいない」と指摘した。

ロシアの外貨建て発行体格付け、「選択的デフォルト」にS&Pが下げ

通貨免責条項

  ただ、債務再編に詳しいグラティ教授は、ロシアの債券文書には受取人がルーブルで十分なドルを購入できる限り、ロシアがルーブルで支払うことによって債務を履行できると見なす通貨免責条項が含まれていると説明。自身のブログに「この条項は受取人がルーブルを用い十分なドルを買い入れことができる限り、異なる通貨での支払いが認められるとしているようだ」と投稿した。「これはロシアがルーブルで支払うことによって債務を履行できることを意味しているようにみえる」との認識を示した。

  ロシア政府による第2の案は、投資家が拠点を置く場所に応じて借り手が別々の支払いルートを通じて利払いを行うというもの。たが、外国の債券所有者への支払いは外国の主支払代理人が処理するが、その主支払代理人もまた規制の対象となる可能性がある。ロシアの債券保有者は国内機関を通じて資金を受け取る。この案を示した政府小委員会はまた、代替案として投資家からユーロ債を買い戻すためにルーブルを使用するよう推奨。これは、4月4日に満期を迎えた20億ドル(約2600億円)の債券ですでにロシアが行った対応だ。

 

©2022 Bloomberg L.P.