(ブルームバーグ): 中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は22日、経済成長を脅かすリスクが高まる中で、中小企業支援を強化する用意があると語った。

  易総裁は海南省で開催中の「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の公開討論会で、金融政策は「違和感のないレンジ内」にあり、景気下支えに寄与していると述べ、「必要なら追加手段で中小企業を支援する用意がある。緩和的な金融政策は実体経済を支える効果を高めている」と発言した。

  新型コロナウイルスの感染再拡大に見舞われ景気リスクが高まる状況で、人民銀は今年、慎重な緩和アプローチを採用。先週は中期貸出制度(MLF)金利の引き下げを見送る一方、市中銀行の預金準備率を引き下げると発表したが、予想より小幅な引き下げにとどまった。

  UBSグループや野村ホールディングスなどのエコノミストは、今年の中国経済成長率見通しを政府目標の5.5%前後を大きく下回るペースに下方修正した。

野村、中国の2022年GDP成長率予測を3.9%に引き下げ−コロナ打撃

©2022 Bloomberg L.P.