(ブルームバーグ): 米ニューヨーク州地裁の判事は、トランプ前米大統領一族の企業トランプ・オーガニゼーションに対する民事調査に関連し、トランプ氏が同州司法長官から求められた資料を提出しなかったのは法廷侮辱罪に当たるとの判断を下し、要求に従うまで1日1万ドル(約128万円)の罰金を科すことを決定した。

  今回の判断は、トランプ氏が調査のための資料提出に応じなかったと数カ月にわたって批判していたジェームズ同州司法長官にとって大きな勝利。同長官は同社の資産査定慣行を巡る調査の決着を目指しており、今回の地裁判断でトランプ氏への圧力が強まる。トランプ氏は自身が政争の標的にされており、これ以上提出すべき記録はないと反論していた。

  同地裁のエンゴロン判事はマンハッタンで開かれた審理で「採用できる証拠がない」と指摘。トランプ氏のこれまでの対応は十分ではないと論じた。

  トランプ氏は判断を不服として上訴する方針だと、同氏の弁護士、アリナ・ハバ氏は述べた。

トランプ氏らに宣誓証言の義務、判事が21日以内の出廷を命令

トランプ氏一族の詐欺疑惑、「重要証拠」が新たに浮上−NY司法長官

Trump Held in Contempt of Court Over Subpoenas in N.Y. Probe (3)

©2022 Bloomberg L.P.