(ブルームバーグ): ビール各社の株価が27日午前の取引で急伸している。アサヒグループホールディングス(GH)株は一時7%高の4940円まで買われ、2月16日以来の日中上昇率となった。同社は前日に「スーパードライ」などのビールやウィスキーを含む162品種の生産者価格を10月に上げることを発表し、市場に好感された。他社も追随する可能性への期待が広がっている。

SMBC日興証券の高木直実アナリストはリポートで「早期決断は経営陣の危機感の表れと高く評価」値上げに伴う限界利益の増加は年間約200億円数量減少は5%程度のマイナス影響と予想他社の追随値上げが予想されるシティグループ証券の三浦信義アナリストは、値上げを受けて同社目標株価を7000円から7400円に引き上げた2008年、18年同様に同業他社も値上げに追随する見通し平均店頭価格は8%上昇する見通しキリンホールディングス(HD)の広報担当は、酒類の値上げについて、タイミング含め引き続き検討中と電話取材に答えたキリンHD株は一時5.2%高、サッポロHD株は一時8.3%高となった関連記事:アサヒGH:ビールや国産ウイスキー一部値上げ、店頭で6−10% (1)

 

 

©2022 Bloomberg L.P.