(ブルームバーグ): 東芝が中国でデータセンター向けハードディスク駆動装置(HDD)の生産を始めると、5日付の日本経済新聞が報じた。投資額は非公表。

  報道によると、東芝デバイス&ストレージがTDK子会社と連携し、広東省にある同社拠点内にデータセンター向けHDDの生産ラインを設ける。7月までには量産体制を整え、既存の生産拠点とあわせ全体の生産能力を2025年度までに20年度比で約2倍に高める方針という。

データセンター向けHDDの生産拠点は現在フィリピンのみ21年度に17%だった世界シェアを25年度までに24%超まで引き上げる目標新製品も順次投入し、21年度に4100億円を見込む売上高を25年度までに5100億円に高める

©2022 Bloomberg L.P.