(ブルームバーグ): マクロトレーダーにとって絶好の機会になりそうな市場の極度の変動に投資家は備えるべきだ。コモンウェルス・アセット・マネジメントのアダム・フィッシャー氏がこう警告した。

  著名投資家で資産家のジョージ・ソロス氏の投資会社でグローバルマクロおよび不動産投資の責任者を務めた経験を持ち、今はヘッジファンド運営会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントなどの顧客向け資金運用に携わるフィッシャー氏は、数十年続いた世界の政治的安定にひずみの兆しが表れていると指摘した。

  自身のマクロ戦略で運用する資金を募るフィッシャー氏によれば、エネルギー、商品、食料市場も変化しつつあり、そうした動きの機が熟している。

  フィッシャー氏は最近のインタビューで、「これについて凶事の予言のような話は常に存在したが、今や目に見える状況と思う」と発言。「過去1年半で600%の欧州天然ガス価格上昇」といった世界市場の大変動が見られ、「これらは経済全体に影響する」と語った。

  同氏はその上で、「伝統的な機関投資家には非常に厳しくなりそうだ。テールイベントはその頻度が高まり、資本配分決定に多くの混乱をもたらすという理由で、もはやテールでなくなるだろう」と予想した。

  マクロヘッジファンドは、クリスピン・オデイ氏が運用する旗艦ファンドなどを中心に今年1−3月(第1四半期)に各種ストラテジーで最も良い成績を残した。

ハイダー氏とオデイ氏のファンド快進撃、マクロ戦略奏功で高リターン

Brevan Howard-Backed Macro Trader Warns of Extreme Market Swings(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.