(ブルームバーグ): 中国の輸出入は先月、ドルベースで伸び悩んだ。新型コロナウイルス感染拡大で需要が鈍化し、生産にも支障が出たほか、物流の混乱も響いた。

  税関総署が9日発表した4月の輸出はドルベースで前年同月比3.9%増と、2020年6月以来の小さな伸びにとどまった。3月は14.7%増加していた。エコノミスト予想中央値(2.7%増)は上回った。

  一方、輸入は前年同月比で変わらず。3月は0.1%減少、予想は3%減だった。

  4月の貿易統計を受け、コロナ規制による貿易および世界最大級の港を抱える上海への影響が浮き彫りとなった。一連の混乱は世界のサプライチェーンやインフレに新たな脅威となっており、テスラやアップルなどの業務にも支障が出ている。

  ピンポイント・アセット・マネジメントの張智威チーフエコノミストは、サプライチェーンの混乱が響いて5月の輸出も伸び悩む恐れがあると指摘。「マクロ面で1つの大きな問題は、インドやベトナムなど他の新興国に輸出受注がどの程度シフトするかだ」と話す。

  中国政府は生産の正常化を図っているが、多くの外国企業は上海で業務再開にこぎ着けることがまだできていないなどと回答しており、実際にはどの程度が回復しているのか不明だ。

  輸出は中国経済の主なけん引役となっており、20年の景気落ち込みからの脱却、昨年の景気堅調も輸出によるところが大きかったため、貿易の減速は懸念材料だ。

対ロ輸出減

  一方、輸入はエネルギーや商品相場の高騰によって押し上げられた。今年1−4月の石炭輸入額は約80%増となる一方、数量ベースでは16%減少。原油と天然ガス、鉄鋼の輸入額は増加したが、輸入数量は減った。

  ロシアからの輸入は4月に約57%増加。原油やガスなどの値上がりが主因とみられる。一方、4月の対ロ輸出は約26%減と、輸出先別では落ち込みが最も大きかった。

(市場関係者のコメントなどを追加し更新します)

©2022 Bloomberg L.P.