(ブルームバーグ): 暗号資産(仮想通貨)市場では24時間に2000億ドル(約26兆円)余りが消失した。コインマーケットキャップのデータが示した。ステーブルコインのテラUSDの急落を引き金に幅広い仮想通貨が売られた。

  ビットコインは一時10%急落し、2020年12月以来の安値を付け、イーサリアムも一時16%安となった。

  影響は仮想通貨市場にとどまらず、12日にはアジアの仮想通貨関連株が売られた。香港上場のフィンテック企業、 BCテクノロジー・グループは6.7%安。日本のマネックスグループは10%安で終了した。同社は仮想通貨取引を手掛けるトレードステーションとコインチェックを保有している。

  世界中の中央銀行がインフレと闘うために積極的な引き締めに動く中、広範なリスク回避の一環として仮想通貨にも圧力がかかっている。

  ただ、仮想通貨投資家は乱高下には慣れており、ビットコインとイーサは香港時間午後4時45分(日本時間同5時45分)にはそれぞれ4.2%安と9%安に持ち直した。

 

©2022 Bloomberg L.P.