(ブルームバーグ): 中国人民銀行(中央銀行)は16日、中期貸出制度(MLF)の1年物金利を据え置いた。景気急減速を示す材料が増えているにもかかわらず利下げを手控えており、当局が人民元安や資本流出を懸念している可能性を示唆している。

  人民銀は1年物MLF金利を2.85%に維持。ブルームバーグが調査したエコノミスト25人のうち、13人が据え置きを予想していた。0.05から0.15ポイントの利下げを見込んでいたのは12人だった。

  今回のMLFで供給された資金は1000億元(約1兆9000億円)。満期到来分と同額にとどまり、追加の流動性提供は見送られた。

(情報を追加し更新します)

©2022 Bloomberg L.P.