(ブルームバーグ): 政府は外国人観光客の受け入れ再開に向けた実証事業を月内に実施すると、17日付の読売新聞朝刊が情報源を示さず報じた。

日本の旅行会社による行動管理のもとで、米国や豪州など4カ国からの団体客を少人数・短期間に限り受け入れる実証事業で受け入れるのは新型コロナウイルス変異株の感染状況が落ち着いている国で、タイとシンガポールも対象となる見通し各国10人前後を想定ワクチンの3回接種や民間医療保険の加入が条件旅行先は都道府県の同意が得られた地域とし、旅行会社の添乗員が同行日本テレビの報道によると、国土交通省は17日にも実証事業の詳細を発表する予定関連記事:政府が水際対策の入国制限を2万人に緩和へ、6月にも−産経

©2022 Bloomberg L.P.