(ブルームバーグ): 中国テクノロジー株が17日の香港市場で大きく上昇。中国当局と大手企業がこの日開く会合を受け、ハイテク企業に対する当局の締め付けが緩むとの期待が広がった。

  ハンセンテック指数は一時6.2%高。香港株の指標ハンセン指数は上昇率が3%を超えている。

  中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)がデジタル経済関連のシンポジウムを開いていると国営メディアは報道。百度(バイドゥ)創業者の李彦宏氏ら企業幹部が参加するこの会合で、劉鶴副首相が話すとロイター通信は報じた。

  中国本土市場では、CSI300指数が1.3%高で引けた。

 

©2022 Bloomberg L.P.