(ブルームバーグ): 写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップの株価が急落し、売りは市場全体に広がりました。米国債利回りも急低下しており、市場が憂慮する事象がインフレから景気動向に移っていることがうかがえます。ただ、フェデラルファンド(FF)金利先物市場はまだ年内の利上げ打ち止めを示唆しておらず、インフレ退治に追われる米金融当局からの「援軍」はしばらく見込めそうにありません。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

17兆円消える

23日に業績見通しを引き下げたスナップの株価が43%下落。上場来最大の値下がりとなった。他のソーシャルメディア関連銘柄も軒並み売られ、同セクターの時価総額は約1350億ドル(約17兆円)吹き飛んだ。パイパー・サンドラーのアナリスト、トム・チャンピオン氏は「現段階ではスナップ個別の問題というより、マクロかつ業界全体に起因する問題という印象だ」とリポートで指摘。ウォール街の他のアナリストからも同様の声が聞かれる。

一段安に

米金融当局が引き締めの終了を示唆するまで、米国株はさらに下落する可能性があるとゴールドマン・サックス・グループとバンク・オブ・アメリカ(BofA)が指摘した。BofAは「市場はFRBプットを引き出す試みを続けるだろうが、FRBがパニックし始めるには市場がさらなるパニックに陥る必要がある」と記した。ゴールドマンは引き締め終了が示唆されたら、株価は底値を付けるが、リセッション入りが明白になるまでそれは起こらない可能性があるとの見方を示した。

スタグフレーション目前

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツのボブ・プリンス共同最高投資責任者(CIO)は、米国はインフレ高進と景気停滞が同時進行するスタグフレーションが目前に迫っており、市場は消費者物価の上昇を十分に織り込んでいないとの見方を示した。米国のスタグフレーション見通しについて「非常に簡単かつすぐに突入する可能性がある」と語った。

大幅利上げの議論

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は7−9月期末までにはマイナス金利を脱するとの認識をあらためて示したが、緩和引き揚げを急ぎはしないと強調した。ビルロワドガロー・フランス中銀総裁も、0.5ポイント利上げのコンセンサスはないと述べた。一方、ECB政策委員会メンバーのカザークス・ラトビア中銀総裁は、インフレ見通しによって正当化される場合は0.5ポイントの利上げを検討すべきだとの見解を示した。

オフィス勤務

ゴールドマン・サックス・インターナショナルのリチャード・ノッド最高経営責任者(CEO)は「現在はオフィス勤務の環境になっており、従業員は多くの時間をオフィスで過ごすべきだと考えている」と述べた。一方、クレディ・スイス・グループのトマス・ゴットシュタインCEOはフルタイムのオフィス勤務体制に戻ると予想することは「非現実的」だと語った。コンサルタント会社の調査によれば、職場でつながりを強く感じると答えた従業員は6人中わずか1人。中でもオフィスに出勤している従業員から最も低い数字が出た。

 

その他の注目ニュース

ロシアの債務支払い可能にした特例措置、25日失効−デフォルト近づく

米新築住宅販売、2020年4月以来の低水準−高価格や金利上昇響く

ウォール街、米国債買いを再開−最悪過ぎ安全とみるベテラン勢も

 

 

 

©2022 Bloomberg L.P.